留学の前にしておく語学の勉強法

留学する前に誰しもが語学の勉強をある程度はしてから実際に留学しますよね。
ですがその勉強は、留学の為であるなら独特の勉強法が必要になってきます。

日本では授業でもそうですが、机に座っての勉強法が主になります。
しかし留学するのであれば、そのような勉強は適していません。

単語や文法といった頭でする勉強ではなく、耳での勉強が一番大事になってきます。
現地に留学するとなれば、一番大事なのは単語や文法ではなく「リスニング力」です。
いくら単語を知っていようが、それを聞きとれないのであれば全く意味がありません。

いっそのこと単語などの勉強はしなくても良いので、とにかくネイティブの言葉をたくさん聞くといった勉強法が有効になるのです。

現地の学校では、語学をその現地の語学で教えます。
まず聞き取れなければ授業の意味どころか何も分からない状況に陥ってしまいますから、とにかく聞き取りを重点的に勉強してください。

聞き取ることさえできれば辞書で意味を調べることもできますから、とりあえず授業にはついていけます。