語学留学の目的は自分を広げていくこと

英語圏に留学する目的というのは、メインの動機となるのが英語の語学留学をするということだと思いますが、学校で英語、レストランでも英語、そしてスーパーマーケットでも英語、テレビをつけても英語ということで、英語だけの環境に入ることで、そこから学ぶことは多々あります。そして第二言語である英語を伸ばすことができると、そこで自分の中での思考が広がっていき、いろいろなことに気がつくようになります。その発見があることは日本語以外の外国語を勉強しないとなかなか身に着かない能力です。同時に英語を学ぶことで、感情を表現する方法や、なぜという理由とその答えを導き出す考えが養われていきます。もちろん留学することで、いろいろな価値観に接すること、自分と同じくらいの若者たちが目的を持って学んでいる様子に励まされるということもあるでしょう。視野を広げて、自分が何を目指したいのか、あるいはどんな可能性があるのかを探る機会になるのが留学というものです。